top of page

【保護者様から】信念は曲げない

中学生保護者様

お世話になっております。


ブログ拝見させて頂きました。

先生の熱意がひしひしと感じられました。

息子も栗原先生のことを大変慕っており毎日勉強に励んでおります。

息子もその高1生の男の子と同じように栗原ゼミナールを誇りに思っていると思います。

私も息子と同じ気持ちでいます。

これからもその熱意で進化し続けていってほしいです。


小学生保護者様

いつもお世話になっております。

ご活躍が凄いです。


やはり私の目に狂いはなかったと勝手に思っています。


職業柄、人のエネルギーやオーラをみて、非言語のメッセージを受け取ることが日常茶飯事になっています。


塾を選ぶ際に

立地はもちろん、先生のお人柄も

重要なポイントでした。


子どもたちが楽しそうに通っているので、安心してお任せできています。

今後ともよろしくお願いします。


卒塾生保護者様

栗原先生、お久しぶりです。

中学受験の際は大変お世話になりました。

今回、特集記事を読ませていただきましたので、久しぶりにメッセージを送らせていただきました。


今、心から思うことは、栗原先生にご指導を受けていなかったら、また違う進路になっていたんだろうなぁと思っております。


中学受験なんて、考えてもいなかった子なのに、4年生からの栗原先生のご指導により、勉強の楽しさを知り、文章を書く面白さも教えていただき、学習においてポジティブに捉えるように変わりました。


今は勉強がますます好きになり、どんどん知識を得て、将来の夢に向かい、頑張っていますよ。


5年生から始めた、たったの1年間で中学受験に挑戦することに、全力でお付き合いしてくれた栗原先生に感謝しております。


栗原ゼミナールの発展を心から応援しております!

子どもたちの可能性を伸ばしながら、あきらめさせず、挑戦させるという栗原先生の信念を変えずにこの先も頑張ってください!


いつの日か栗原ゼミナールの講師として娘も協力させて頂くことを願っております。


その頃は栗原ゼミナールの支店も増えていることと思います。

どんな大手にも負けない魅力がここにはありますからね。


栗原先生もお身体に気をつけてくださいね。



保護者の皆様、いつもありがとうございます

お母様方、温かいメッセージありがとうございました。


4月・5月に行わせていただいた三者面談を行った際に、


これまでで最も僕の考えを熱心に聴いていただけたように感じました。


お母様方やお父様方から見れば、僕はまだまだ未熟な26歳で、子育て経験もない若造なはずです。


それでも、そのような姿勢で共に学んでいただけるような保護者の皆様に


当塾を選んでいただけていることが僕にとっては本当に光栄なことです。




塾なのに


「自学・自立・自走」を掲げていること


塾なのに


生徒が授業をしていること


塾なのに


無理強いして勉強をやらせないこと



効率性や数字、短期的な成長の真逆。



でも、僕の考える教育は


遠回りをしたからこそ分かる自分だけの近道


数字を出すために重要なのは過程やプロセス


何年後、大人になった時まで重要な「自分づくり」


です。



だから、子どもたちの想いを置き去りにした、結果・数字・効率、


そういうドライなものだけを追いかけたくはありません。




目の前の定期テスト1回、それだけを狙いたくありません。


受験勉強、それから一生学んでいけるような土台まで作りたいのです。



細くか弱い根っこでなはく、


図太く強固な根っこであってほしい。



自分の頭で考えて、自分の足で世界を歩いて、自分の責任で決定して、


自分の大事なものをちゃんと大事にして、自分のものを人に与えられる


そんな大人になってほしい。



大手塾でもない個人塾


その中でも異質なことをやっている塾


側から見たら変な塾


それでも、僕が信念を曲げて、僕が実践したい教育をしないのであれば、


それは僕がこの塾をやる意味がない。



うまくいかないこと、期待に応えられないこと。


自分の苦手なこと、弱いところ。たくさんある。



でも、僕は自分が選んだ仕事と子どもたちが大好きで


まだまだ道なかばで、やりたいことが、うんとあって、


時々繊細になっても、反省してまた自分を奮い起こして


真っ直ぐに真っ直ぐに追いかける。


転んでも子どもたちにはかっこいい背中を。



閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page