top of page

成績アップ幸手中Aさんの保護者様からのLINE!



先日ご紹介した中2生のお母様より、5月にいただいたLINEです。


勉強しなさいはなるべく言わないようにしました。

と、その結果が


見事に成績アップに繋がるので不思議ですよね。


でも、これまで塾生や保護者様を見てきて、


ただ闇雲に


「勉強しなさい」

「やらないならスマホ取り上げるよ」


と言って、本当の意味で成績が伸びた子はいません。(その場凌ぎの勉強している風にはなります)


子ども達も怒られて、お母様も怒って、この負のスパイラルから抜け出せなくなります。


それに対して、頑張っている子ども達のお母様が「勉強しなさい」と言っていることは非常に少ないです。


アドバイスやサポートはいくらでもするから、自分で考えてやりなさい


そのような姿勢が共通しています。


「勉強ができる子だから任せられるんじゃないの?」

「うちの子は本当にやらないんだから」


そんな声が聞こえてきそうな気もしますが、この不安をなんとか押し殺して、芽が出るのを待ちましょう。


勉強が嫌いでどうしてもやりたくない子


嫌いではないけど気分が乗らない子


そういう子を何人も指導していますが、必ずどこかのタイミングできっかけが現れます。


そして、待つことは信じることです。


信じられている子は強いのです。


人間は鏡のなので、「勉強してない」と決めているのは大人かもしれませんしね。


あとは、僕たちには引き出しがたくさんあるということです。


子ども達のやる気をモチベートする言葉、きっかけを作るような仕掛け、僕たち塾側はその手数と手段を増やしていく。


様々な年代、様々な特徴の子ども達を見てきたからこそ、客観的に分かることがあります。


その辺りは僕たち塾側にお任せください。


そう言えば、昨日は国語の授業にて、


「子を思う親の心は闇だ」(外山滋比古)


という一文に出会いました。


近いものは近すぎてかえって分からない


そんな文脈の言葉でしたが、


子どもたちもこれを聴いて、


うんうんと頷いていました。


どんと構えて、笑顔で見守ってあげましょう。


大丈夫、君にもできるよ


と。

閲覧数:149回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4期生 第1回北辰テスト

昨日の夕方、北辰テストの結果が届きました。 封を開けて、個人毎の偏差値と志望校判定を見ていくと、 「おお、なるほどね」と ほぼ想定していた偏差値でした! 思ったよりも偏差値が低く驚いているかもしれませんが、幸手の学校がライバル、埼玉県全体がライバル、土俵が違うので当たり前です。 鎖国していた僕たちに黒船が来た、そういう感じかもしれませんね!笑 そして、全員揃って、 第一志望はD判定とE判定でした�

Comments


bottom of page