top of page

言葉と感情

こんにちは。栗原ゼミナールで講師をさせて頂いております、馬場楓です。

今日から少しずつではありますが、日々思ったことなどを綴らせて頂きたいと思います。


私は小学生の頃からスケジュール帳や日記にその日のことを綴るのが日課でした。特に


「人から貰った言葉」

「その日想ったこと」


を「文字」にする。


それを大切にしています。


文字に起こすことで、思い出として残しておくのもそうですが、


「誰かが自分に向けてくれた言葉を大切にしたい。」


そして、


「その時に想ったその感情を自分の中に刻んでおきたい。」


それが大きな理由です。


人生を変えてくれた尊敬する人から貰った言葉。

何気ない一言で心をえぐられたあの言葉。

大切な人に出逢えて幸せだなと想わせてくれた言葉。

自分の一面を引き出してくれた大好きな人からの言葉。

結果を必要とする中で失敗を繰り返し、嫌にもなった結果という言葉。


人生の中でたくさんの言葉に出会い、その度に新しい感情を得ることが出来ます。


自分の人生を振り返るとほとんどが簡単には成し遂げられない試練の数々で、自分でもあの時よくのりこえられたなぁ…。なんて思います笑

生きているのが不思議なくらいです。笑


(いまもなかなかハードな毎日ですが、それはまたどこかでお話させて頂きます。)


そんな中でも


這い上がる力をくれたのは、周りの人たちから貰った「言葉」なんだと思います。

誰かが自分に向けてくれた言葉は本当にかけがえのないものです。もしもその時にその言葉に出会ってなかったら、その時に感じられた感情にも出会えなかった。


だから、言葉を文字に残しておきたいし、どんな状況でも、色んな言葉や感情に出会った時ほど、自分の人生は輝いているなと感じられます。


自分の人生のモットーは


「挑戦」


ですが、そのファクターとなっているのは


「言葉と感情」


の存在です。


まだ出会ってない言葉や感情の数々が世の中にはたくさんあります。それを常に追い求めるために色々な環境で挑戦をして、さまざまな人に出会って、誰しもが得られない感情を得られる、そんな人間になりたいです。


そして、このブログを通じて、皆さんにもなにか影響し合える言葉や感情が生まれれば嬉しく想います。




閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

4期生 第1回北辰テスト

昨日の夕方、北辰テストの結果が届きました。 封を開けて、個人毎の偏差値と志望校判定を見ていくと、 「おお、なるほどね」と ほぼ想定していた偏差値でした! 思ったよりも偏差値が低く驚いているかもしれませんが、幸手の学校がライバル、埼玉県全体がライバル、土俵が違うので当たり前です。 鎖国していた僕たちに黒船が来た、そういう感じかもしれませんね!笑 そして、全員揃って、 第一志望はD判定とE判定でした�

Comments


bottom of page